スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サッカー】日本代表vs Jリーグ選抜

こんにちは。
えんくぅです。

3月30日 水曜日です


昨日、大阪でサッカー日本代表vs Jリーグ選抜の
チャリティーマッチが行われました。

日本代表は過去最高となる12人の海外所属組が
チームに合流し、Jリーグ選抜は元日本代表経験者を
中心に、即席でチームが構成されました。

仙台や鹿島等、震災の被害にあったチームもあれば、
出身が被災地の選手も多く集まった試合でした。


当然、どちらのチームも準備期間などは無く、
Jリーグ選抜に至っては初めてチームを組み、
練習は1日だけという状態での試合。


試合前半は、お互いに準備不足とはいえ、
ある程度の期間、同じチームメイトとして活動していた
日本代表が押し込む展開となりました。

前半のメンバーが代表として試合に
出ているメンバーも多かった事から、
ある種、必然的な展開といえるでしょう。

対して、Jリーグ選抜はやはり即席の感が否めず、
攻守ともに連携がうまくいかない・・・。

前半でセットプレーから1点。
流れの中から1点。

どちらも決めたのは日本代表。

そのまま崩れそうになるのか、と思わせながらも
試合の中で少しずつ修正し、前半で3点目の
追加点を与えずに終えられたのは、
招集されていた選抜メンバーの個の力と
意地だったのでしょうか。


チャリティーマッチの特性とも言えるのかもしれませんが、
後半、両チームとも大幅にメンバーを入れ替えます。

ハーフタイムを挟んだ後の後半で、前半の修正を
織り込んでみせたのはJリーグ選抜の方でした。

最初に書いた通り、J選抜は練習と言えるものは
ほとんど出来なかったにも関わらず、
同様にメンバー構成を変えた日本代表に対し、
押し込む時間が多い試合展開を見せました。

後半、ゴール前での速攻パスのやり取りから
関口選手が放ったシュートは枠を捉えるには
至りませんでした。
しかし、ゴール前のプレッシャーが激しい中、
ショートパスをやり取りし、シュートまで繋げたプレーは
とても即席チームとは思えないボール運びだったと
思います。


おそらく、試合を見ている人達の多くが望んだゴールが
生まれたのは、そんな試合の流れの中からでした。

競り合いから生まれた前線へのパスボールを
絶妙な飛び出しからボールに触り、
キーパーをかわしたシュートを放ったのは
あの”カズ”でした。

さすがに作られた展開とは誰も言わないでしょう。

素晴らしい動き出しからの技ありシュートは
しっかりとゴールに吸い込まれていきました。


終わってみれば試合は日本代表 2?1 Jリーグ選抜。

得点は日本代表:遠藤選手、岡崎選手。
これはどちらも前半での得点。

そしてJリーグ選抜:三浦和良選手。


この試合は、両チーム共に、被災地に家族や
友人を持つ選手も含まれており、
その心境には様々な思いがあったでしょう。

試合前には今回の被災により、亡くなった方への
黙祷があり、試合中は喪章を着けての試合でした。


私見ですが、健闘したように見えたのは
Jリーグ選抜の方でしょうか。

前述した様に、練習も1日しか無い即席チームでした。
初めて同じチームとして組む選手同士もありました。

前半はほとんどチャンスらしいチャンスが無かったものの、
その中で広島の佐藤選手がシュートを狙ったり、
3バックの連携に慣れてないせいか、危ない場面が
多い中、鹿島の小笠原選手等が相手の攻撃の目を
摘み取りながら、堪えていました。

後半はストイコビッチ監督の指示もあったと思いますが、
守備の大崩れは無くなり、逆に前への動きが増えました。

急遽作られたチームであり、当初、パス交換ですら
意思の疎通が出来ず、ギクシャクしていましたが、
時間が進むに連れてお互いが意識しあったパスを
繋ぐ様になり、ゴールの匂いも出てきます。

そして、戦術のカズのゴールが生まれました。

順当な勝利予想は日本代表側だったでしょう。

しかし、それでも互角に近い試合を行い、
ゴールまで決めてみせたJリーグ選抜の戦いは、
見ている人にとっても気持ちの良いものだったと
思います。


対して日本代表は、レギュラーメンバーともいえるメンバーで
構成していた前半は勢いが強かったものの、
選手を入れ替えた後半はなかなか押し切る事が
出来ませんでした。

後半のメンバーには将来を想定した、
若い選手を採用しての構成でしたが、
やはりまだ力不足なのかもしれません。

特にJリーグ選抜は現時点で日本代表にこそ
選出されていないものの、各チームでも中核と
なるような、経験豊かな選手が揃っており、
時間と共にチームの動きが改善出来たのは
この点も大きかったと思われます。

そしてこのような選手が揃ったチームに対しても
柔軟に対応出来る力が代表チームには
求められます。

とても難しい事ですが、今回、試合に出た
若いメンバーの方々はもっと成長して
貰いたいですね(#^.^#)


それから、またまた最後に一つ。

この試合をどれだけの方が見たのか、
また、この試合に関連して集まった義援金が
どのくらいになるのかわかりませんが、
震災被害の復興、被災地への支援として
有効に使われる事を願います。

そして、この試合を、やはり日が少ない中、
無事に開催まで漕ぎつけた運営の努力、
様々な思いを背負いつつも、試合に全力で
望んだ選手達。

きっと、人によっては試合に対し、
否定的な話をする方もいるでしょう。

しかし、この試合を見ていた人達の中に、
少しでも前向きな強さを感じとり、
力としてくれる人がいるのなら、
それできっとこの試合を行った意義が
あったのだと思います。


アリサ : どうも今回の記事は、いつもにも増して
        流れがなんか変だねw

えんくぅ : 試合中は色々考えたんだけど、いざ書こうとすると
         悩んじゃってね・・・w
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

♪アーカイブ付きカレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


♪検索フォーム
♪最新記事
♪カテゴリ
♪最新コメント
♪リンク
♪DOL-PING
♪RSSリンクの表示
♪ブロとも一覧
♪ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。